北海道電力など 小規模木質バイオマス発電実証事業を実施

北海道電力(本店:札幌市、真弓明彦社長)とほくでんグループの北電総合設計(本社:札幌市、坂本容社長)は、4月5日(火)、地域に根ざした再生可能エネルギーの導入拡大に向け、2016年度から倶知安町で、水素を活用した新たな技術の開発を目指す「小規模木質バイオマス発電実証事業」に取り組むと発表した。
 同事業は、北電総合設計が、東京大学および一般社団法人日本森林技術協会と共同で林野庁の補助事業へ応募し、候補者に選定されたもの。
木質バイオマスをガス化および改質することで「水素」を生成し、燃料電池で発電する“高効率発電システム”の構築を目指す。さらに、燃料電池から発生する排熱を全量回収・活用することで、全体のエネルギー効率向上も図る。
 北海道電力は事業化に関する検討や当社電力系統への連系等に関する情報提供、北電総合設計は補助事業の代表提案者として、実証事業の全体調整やガス化炉の設計・製作、設置、試運転データ収集等を行う。また、共同提案者である東京大学は生成ガスのデータ解析やタール処理方法に関する解析等、日本森林技術協会は森林バイオマス資源の賦存量調査を行う。
 北海道電力およびほくでんグループは、「同連系設備を活用した風力発電の導入拡大に向けた実証試験、大型蓄電システム実証事業、家畜系バイオマス発電に係る研究開発事業などを着実に進め、再生可能エネルギーのさらなる導入拡大を図るとともに、本実証事業を通じ、水素を活用した新たな取り組みを進めることで、北海道における“総合エネルギー企業”として、地域の発展に貢献する」としている。

画像:小規模木質バイオマス発電実証システム(50kW程度)の概要(北海道電力株式会社


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。