第7回バイオマス・ペレット貿易と発電会議が5月に東京で開催

 Centre for Management Technology(CMT)の第7回バイオマス・ペレット貿易と発電会議(Biomass Pellets Trade & Power summit)が、5月16日~19日、東京で開催される。日本で急速に拡大しているバイオマス電力市場と東南アジアや米国、カナダとのペレット貿易が中心議題だ。
 メイン会議は日本語英語同時通訳にて行われる。主な内容としては、「日本における温室効果ガス目標値及び電力市場の自由化」、「日本での国内木材ペレット市場及び供給の展望」、「北アジアにおけるバイオマス発電計画最新情報」、「韓国における排出権取引の進展」、「韓国における地域熱供給および再生可能熱供給義務化制(RHO)の台頭と国産/輸入バイオマスの好機」、「中国バイオマス市場」、「黒ペレットと発電所/産業プラントへの利点」、「進化し続けるパーム・バイオマスの市場用途」など。
 主な講演者はCREIA、Jiangsu Muyang、Bloomberg New Energy Finance、EnerOne、Indufor、PVM Oil Associates、ECN、タケエイ、Lantern Advisory & Investments、RWE Generationなどの上級幹部。また、今年は新たにFutureMetrics とWPACによる「固形バイオマス燃料の特徴および調達の考察」に関するブレックファーストトークが開かれる。
 CMT主催によるこのイベントは、カナダ木質ペレット協会(Wood Pellet Association of Canada)(WPAC)と住友商事が法人スポンサー、Rudnick & Ennersがアソシエートスポンサーとなっている。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。