NEDOプロジェクト アルミ系複合材廃棄物から水素を発生

 アルハイテックはNEDOプロジェクトにおいて、アルミ系複合材廃棄物から水素を発生させる検証プラントを完成させ、4月22日、稼働を開始した。
 アルハイテックは、リサイクルが困難と言われていたアルミ系廃棄物からアルミを分離し水素を発生させ、発電に利用する画期的なシステムを独自に開発し、2014年12月からNEDO「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」で、アルミ系廃棄物再生プラントの実用化に向けての開発に取り組んできた。
 今回、朝日印刷の協力を得て、朝日印刷・富山工場内に、アルミ系複合材廃棄物から水素を発生させる検証プラントを完成させ、稼働を開始した。
 同検証プラントは、パルパー型分離機、乾留炉、水素発生装置からなり、これまでに工場から排出されるアルミ系端材等を使用した動作確認を実施しており、1時間あたり2kgの水素を発生させることに成功。今後、水素発生量を最大で1時間当たり約5kg(燃料電池車走行距離約700kmの充填量に相当)に増やすことを予定している。また、処理過程で取り出されるパルプ、油、水酸化アルミについても有効利用と経済性について検証を行い、その他の技術的課題解決や省エネルギーの検証についても、実施していく予定だ。
同技術は廃棄物の削減を可能にするだけでなく、エネルギーと水素を生み出し、有効利用可能な水酸化アルミなどの副産物が得られるなど、装置稼働により企業の収益性向上にも寄与することが期待できる。アルハイテックでは、これらの取り組みを通じ、国内外を問わず導入顧客となり得る印刷工場、パッケージ工場、金属工場等に対して立案し、ビジネス展開を目指していく。
稼働開始にあたり、4月22日、現地でプラント完成披露会を開催した。

画像:完成した検証プラント(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構HPより


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。