北海道トマウェーブ、バイオガス発電事業へ進出 食品廃棄物からメタンガス燃料

 環境事業会社とませいのグループ企業で、産業廃棄物処理や肥料製造を手掛けるトマウェーブ(苫小牧市、沼澤栄社長)は今年から、バイオガス発電事業に進出する。食品製造会社から出る野菜など食品廃棄物を発酵処理し、発生するメタンガスを燃料に発電する計画である。市内勇払に建設中の発電所は6月に完成を予定しており、試験運転を経て8月から本格稼働させ、北電へ売電する。また、発酵処理後の消化液を野菜生産の液体肥料として供給する体制も整え、資源を有効活用する食品リサイクルシステムの構築を目指す。

 発電所では、道内の食品製造企業や小売業者から出るカット野菜の切れ端などの食品廃棄物や野菜の洗浄液などを受け入れて発酵処理し、発生するメタンガスを発電燃料に使用する。メタンガスの生産量は1日当たり2250立方メートル。発電能力は1時間当たり49キロワットで、初年度は約40万キロワットを発電する計画であり、これは約110世帯分に相当する電力である。固定買い取り制度に基づき全量を北電へ売電する予定。

 発電所は、市内勇払の同社西側に建設。鉄骨平屋建てで総面積は739平方メートル。総工費は約6億円。昨年秋から建設に取り掛かり、今年6月末に完成予定。7月に試験運用を開始し、8月をめどに売電を始める計画。

 発電システムについて関係者は「通常の発酵過程では水を加えるが、原料をそのまま発酵槽に投入する道内初の乾式メタン発酵処理方式を採用した」と話す。

 一方、トマウェーブの親会社とませいは、今月2日に農産物生産会社「Smile‐loop」(渡辺健治社長)を設立した。トマウェーブのバイオガス発電所の発酵過程で出た消化液を肥料に、苫小牧市近郊で賃借した農地約4ヘクタールで葉物野菜などを栽培。道内の食品製造企業や小売業者へ生産物を販売し、再び野菜の切れ端など食品廃棄物を発電所で受け入れる循環型システムを構築する。

※写真は参照サイトより引用

【参照サイト】http://www.hokkaido-nl.jp/article/5536


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。