青森で小規模バイオガス発電、日立グリーンエナジーが出資

 青森県上北郡東北町で、自然エネルギーベンチャーのイーパワーを中心として、日立グリーンエナジーやゆうき青森農業協同組合などが出資し、長いも残渣を利用したバイオガス発電事業が進んでいる。日量4トン強の長いも残渣などを投入し、年間約16万kWh(標準世帯の電力使用量を3,000kWhとして53世帯分)を発電し、FITを使って東北電力に売電する計画だ。
 
 東北町は長いもの一大産地で、出荷量は全国1,2を争う。しかし、JAゆうき青森の長いも選果場では、大量の残渣が発生し、廃棄物処理コストの負担が大きかった。今回導入する設備は、発電量は小さいが24時間の発電が可能なベースロード電源であり、廃棄物の有効利用に加えて廃棄物処理コスト削減の効果も期待できる。また、発電機から発生する排熱はビニールハウスに活用し、冬場の農業を可能にする仕組みづくりにも取り組むという。

 今回の設備は豊橋技術科学大学とイクナム研設などを中心とする産学コンソーシアムが開発したもので、これまでに3件の同システムのプラントが中部地方の養豚農家で稼働しており、今回は新たに寒冷地用に設計したプラントが採用された。日立グリーンエナジーは、今後どうコンソーシアムと連携し、食品加工残渣などの有機資源を最大限に活用するバイオガス発電事業の展開に意気込んでいる。

※写真はイメージ

【参考サイト】https://www.kankyo-business.jp/news/020713.php


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。