食品廃棄物を活用したバイオマス発電が活発、DOWA、オリックスなど

【DOWAエコシステム】
DOWAエコシステムは9月12日、子会社のバイオディーゼル岡山が、食品廃棄物を燃料としたバイオマス発電所の建設を開始すると発表した。

バイオディーゼル岡山は2009年から岡山市で、廃棄された食用油を原料としたバイオディーゼルの製造販売を行い、ごみ収集車や路線バスなどのディーゼル車両の燃料として供給してきた。

岡山市に建設する新バイオマス発電所では、年間約1万6000トンの食品廃棄物をメタン発酵させ、発電に利用する。約1600世帯分に相当する電力が得られ、操業開始は2021年4月の予定。

【オリックス資源循環】
オリックス資源循環株式会社は、埼玉県寄居町で一般廃棄物を活用した国内最大規模1となる設備容量1.6MWの乾式バイオガス発電施設を建設することを発表。1月に建設工事を開始し、2021年秋に竣工、稼働開始を予定。乾式のメタン発酵バイオガス発電施設の建設は、本件が関東圏で初となる。
最大処理能力は100トン/日。年間発電量は980万kWh。一般家庭約3,140世帯分の年間消費電力に相当する。

本施設は、食品廃棄物や紙ごみなどの一般廃棄物をメタン菌により発酵させることで生成したバイオガスを、発電燃料として活用する再生可能エネルギー発電施設。バイオガス発電施設で普及が進んでいる湿式のメタン発酵技術は、家畜の排せつ物や食品の残りかすなど、水分含有率の高い有機物の処理に適していたのに対し、乾式のメタン発酵技術では、これまで処理が難しかった水分含有率が低い有機物から高効率にバイオガスを取り出すことが可能。紙ごみやプラスチックなどの異物が一緒に排出される食品小売業や外食産業は、乾式バイオガス発電施設の利用により、食品廃棄物と他の廃棄物との分別をせず食品をリサイクルすることができるようになる。

【パシフィコ横浜】
パシフィコ横浜は、アーバンエナジー株式会社の『創電割(そうでんわり)(R)』を活用し、施設内で排出した食品廃棄物をメタン発酵して発電し、その電力を臨港パークへ供給する循環型エコシステムへの取り組みを、2019年8月より開始した。また、この事業系食品廃棄物の収集・運搬は、電池交換型EVパッカー車で行われる。いずれも国内初となる取り組みだ。

パシフィコ横浜の全施設内で排出した食品廃棄物を、JFEエンジニアリング株式会社のグループ企業であるJ&T環境株式会社がEVパッカー車で収集・運搬を行う。運び込まれた食品廃棄物は、株式会社Jバイオフードリサイクルのリサイクル工場でメタン発酵し、発電。その電力をアーバンエナジー株式会社が買い取り、廃棄物の量に応じて電力料金を割り引く『創電割(R)(そうでんわり)』により、パシフィコ横浜が管理する臨港パークに電力を供給する。

※写真はイメージ

【引用サイト】
岡山市で食品廃棄物利用のバイオマス発電所建設
【オリックス資源循環】国内最大の乾式バイオガス発電施設を建設
国内初!食品廃棄物から発電、電力を施設で活用する循環型エコシステムを導入


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。