家畜の糞尿をLPガスへ転換する技術開発に成功!!

 古河電気工業株式会社(以下、古河電工)は北海道大学との共同研究により、金属食害の固定技術を応用し、家畜の糞尿から得られる二酸化炭素とメタンガス(バイオガス)を貯蔵・輸送しやすいLPガスに変換する技術の開発に成功した。

 一般家庭や酪農場でのエネルギーや災害時用のとして利用することでエネルギーの地産地消を促進できる上、家畜の糞尿の処理コストの低減や異臭・水質汚染といった畜産業が潜在的に抱える課題の解決に繋がる。脱炭素社会への貢献に加え、新しい社会基盤の一助として地域循環矯正研の形成にも貢献できると期待している。

 今後、北海道大学の他にも地方自治体など幅広いスタークホルダーとのパートナーシップを通して社会課題解決のための技術革新・事業創出を目指していく。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。