三井造船環境エンジニアリング 飼料化とバイオガス発電の複合プラントを受注

三井造船(田中孝雄社長)100%出資の三井造船環境エンジニアリング(本社:千葉市美浜区、福井馨社長)はアルフォ・イー(本社:東京都大田区、熊木浩)から、城南島第2飼料化センター(仮称)の建設工事を受注した。

 同センターは、食品廃棄物のリサイクルプラント。アルフォ・イーが東京都スーパーエコタウン事業の第3次募集に応募し、油温減圧乾燥方式による食品廃棄物の飼料化設備に、バイオガスによる発電設備を組み合わせたことが評価され選定された。

油温減圧乾燥方式による飼料化設備とは、廃食用油を熱媒体とし食品廃棄物の水分を減圧下で蒸発乾燥することで、配合飼料原料を製造する設備だ。今回は食品廃棄物を油温減圧乾燥設備に投入する前に一定量の固液分離を行い、分離液をメタン発酵し、ガスエンジンで発電を行う。発電した電力は固定価格買取制度(FIT)により売電する。

設備の処理能力は飼料化140t/日(飼料製造量 約24t/日)、メタン発酵30t/日(発電予想量4,259kwh/日)、工期は平成27年2月18日~平成29年3月31日を予定している。

03


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。