鹿沼黒川消化ガス発電所 運転開始

 月島機械(本社:東京都中央区、山田和彦社長)は、同社の子会社であるサンエコサーマル(本橋時男社長)とともに、栃木県鹿沼市と「創エネルギー・廃棄物処理事業」の官民共同事業協定に基づく発電施設「鹿沼黒川消化ガス発電所」を建設、7月6日に発電開始式を開催した。

 同事業は、黒川終末処理場で発生する消化ガス、未利用の地域資源を活用し、バイオガスを増量・発電することで、20年間にわたり、再生可能エネルギーを長期的・安定的に創出する。第3次鹿沼市環境基本計画、鹿沼市地球温暖化対策地域推進計画などに基づき、「温室効果ガスの削減」や「クリーンエネルギーの導入促進」、「ごみの減量化」を目的として実施するもので、下水道施設での民設民営による消化ガス発電事業としては県内初となる。

 6日に行われた発電開始式には、鹿沼市の佐藤信市長をはじめ、鹿沼市議会や鹿沼市環境部の諸関係者らが出席し、発電所の起動セレモニーや施設の見学会を行った。

情報元:
201507061501.pdf

起動セレモニー(写真中央:佐藤市長)

起動セレモニー

鹿沼黒川消化ガス発電所
鹿沼黒川消化ガス発電所


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。