ドトールが8年ぶりに制服を一新、環境に配慮した素材を採用
ドトールコーヒーは、全国の従業員約2万人が着用する制服を2024年12月にリニューアルします。約8年ぶりの変更となるこの新しい制服は、環境に配慮した素材を取り入れることで注目を集めています。 従業員からの要望を反映し、新しい制服には動きやすさを追求したストレッチ素材や、通気性の良いトリコット(ニット素材)が使用されています。また、ジェンダーレスなデザインと新しいカラーリングも採用され、より多様なニ

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

   

新規会員登録はこちら

【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。