リサイクルの力で気候変動と戦う
私は、グレイシャーというスタートアップ企業で、埋立地からリサイクル品を救い出すAI対応産業用ロボットを開発しています。私たちのリサイクル改善活動が気候変動対策につながると話すと、多くの人は驚きます。実際、ソーダ缶をリサイクルするだけで廃棄物と汚染を大幅に減らせるのです。 画像:リサイクルによる二酸化炭素換算削減量(「CO2E」)と埋め立てによる削減量。CO2Eは、すべての温室効果ガス(二酸化炭素だ

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

   

新規会員登録はこちら

*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。