ダウとSCGC、循環型プラスチックパートナーシップ締結
ダウ(NYSE: DOW)とSCGケミカルズ(SCGC)は本日、2030年までに200KTAのプラスチック廃棄物を循環型製品に転換するため、アジア太平洋地域で初の循環型パートナーシップ覚書に調印したと発表しました。 パートナーシップは、技術開発を加速させ、メカニカルリサイクル(MR)とアドバンストリサイクル(AR)の両方を活用し、幅広いプラスチック廃棄物を高価値の用途に転換することを目指します。

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

   

新規会員登録はこちら

【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。