蔵前工業会「バイオマスセミナー」開催

 一般社団法人蔵前工業会(東京工業大学同窓会)は、NPO蔵前バイオマスエネルギー技術サポートと共催で6月17日、『蔵前工業会「バイオマスセミナー」森のエネルギーで地方に活力を』を開催する。

 セミナーでは、自然エネルギー市民の会代表(前・調達価格等算定委員会委員、前・日本環境学会会長、元・立命館大学教授)和田武氏による「小規模未利用木質バイオマス発電―里山資源を活かす地域活性化―」、一般財団法人電力中央研究所の大高円氏による「バイオマス発電利用技術の開発―炭化燃料化によるCO2排出量削減に向けて」などの講演と、意見交換のできる交流会を予定している。

 会場は東京工業大学蔵前会館1F「ロイアルブルーホール」、参加費は無料。

 蔵前工業会は東京工業大学の全学科・全専攻にわたる唯一の同窓会。前身校からを含む卒業生、教職員など、約6万人からなる。NPO蔵前バイオマスエネルギー技術サポートは、廃棄物処理を含むバイオマスエネルギー活用に関する幅広い分野で技術関連情報の収集、技術の研究開発を行い、不特定多数の市民・団体などを対象に情報の提供、事業化に関する相談と支援活動などを行い、バイオマスエネルギーの適正な利用促進を図る団体。

東京工業大学本館 2012年春
03


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。