中国の環境規制が日本の古紙のリサイクルシステムを揺さぶっている。日本の古紙を大量に受け入れてきた中国が廃棄物輸入ゼロを掲げて輸入を制限。行き場を失った古紙が国内にあふれている。模索する東南アジアへの販路開拓も容易ではない。世界的に景気が減速し始めるなか、輸出を前提とした資源リサイクルは岐路を迎えている。 「もう置く場所がない」。古紙卸、栗原紙材(東京・荒川)の新田事業所(群馬県太田市)には段ボール

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

   

新規会員登録はこちら

*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。