JFEエンジニアリング ミャンマー初のごみ焼却プラントを受注

JFEエンジニアリング(東京都千代田区、狩野久宣社長)は、ミャンマーと日本との間のJCMを活用しヤンゴン市が建設する、ミャンマー初のごみ焼却発電プラントを受注した。
JCMとは、途上国に対し、優れた技術の普及によって実現する温室効果ガス排出削減量を、日本の排出削減目標の達成に活用できる制度。本件はごみ焼却発電プロジェクトとしてJCMを適用する第1号案件であり、ミャンマー初のJCMプロジェクトとなる。
ヤンゴン市では、現状日量約1,600トン排出されるごみが、処分場に直接埋め立られており、急速な経済発展に伴うごみ排出量の増加に対応できる適切な処理施設の整備が急務となっている。
JFEエンジニアリングは、2012・2013年に、ヤンゴン市における「我が国循環産業海外展開事業化促進事業」、2014年に「JCM実現可能性調査」を環境省から受託し、廃棄物処理の適正化に向けた調査を実施、最適な処理方法を検討してきた。
今回の受注はこれらが評価されたもので、同社は、ごみ焼却発電プラントの設計・建設を行い、2017年の完成後、ヤンゴン市が運転を行う。
同プラントは、日量60トンの廃棄物を焼却処理し、年間約5,200MWhの発電を行う。これにより、ミャンマーで不足する電力を補うとともに、年間のエネルギー起源CO2排出量を約2,400トン削減する。

ss 2015-11-18 8.15.30


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。