エチオピア初のごみ焼却発電所 中国企業が完工

中国新聞社によると、中国企業が建設していたエチオピア初のごみ焼却発電所が正式に完成した。中国電力工程有限公司が建設を請け負ったもので、中国の企画と設備が適用されている。1日あたりのごみ処理量は1,400トン、年間発電量は185ギガワット時に到達することが可能だという。

エチオピア中国大使の談践駐氏は完工式に出席し、「9月はじめに開催される中国・アフリカ協力フォーラム北京首脳会議では、持続可能な開発や保護環境が重要分野となる。」と語った。

※写真はイメージ

SankeiBiz「エチオピアで初のごみ焼却発電所完工」


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。