ドイツ化学大手BASF、生分解析デバイスでリサイクル促進

ドイツ化学大手BASFは、赤外線センサーを搭載し、数秒で有機物の成分を解析する小型測定器とAIを活用した解析システムを、10月から日本向けに提供を始めた。プラスチックリサイクル促進へ向けたプラスチックの種類の判別や、飼料の品質管理などへの活用が期待される。

「近赤外分光法」を用いて有機物の成分を解析する近赤外分光器は、対象の物質に近赤外光を照射し、物質ごとに異なるの波長の反射光を分析することで対象の成分を解析する。
BASFの子会社trinamiX(トライナミクス)は、これまで約1メートルほどあった近赤外分光器を片手サイズに小型化した。

波長データのみでは利用者が有機物の種類を特定するのは困難なため、近赤外分光器に加え、AIを用いた波長データの解析ソフトウエアと、スマホ向けアプリも同時にリリースした。ソフトウエアとアプリは様々な用途を想定し、異なる設定が可能となっている。プラスチックの場合、プラスチックの種類を特定したい場合や、生分解性か否かを特定したい場合で異なる設定を選ぶことで、それぞれの用途に合わせた測定を行うことができる。
これらのデータはBASFに蓄積された様々なプラスチックのデータをもとにAIに学習させて開発されたという。

この他にも、この近赤外分光器は家畜飼料の成分分析なども主な用途として想定されており、プラスチック産業のみならず様々な分野での活用が期待される。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。