いわて木質バイオマスフォーラム開催

岩手県は2月16日(火)、紫波町のオガールプラザ内「紫波町情報交流館大スタジオ」で、「いわて木質バイオマスフォーラム」を開催する。
 東日本大震災以降、安全で自立したエネルギーへの関心が高まるなか、豊富な森林資源を有する岩手県において、地域資源である木質バイオマスエネルギーの利用を進めていくことは、地域活性化や林業・木材産業の振興につながる重要な課題だ。
 今回のフォーラムでは、木質バイオマスエネルギーの利用促進を図るため、県内の民間事業体、地方自治体等を対象に、木質バイオマスエネルギーの利活用方法や利点、課題等について3人の演者が講演する。
 プログラム内容は、「紫波町における木質バイオマス地域熱供給の取り組みについて」(紫波グリーンエネルギー・中尾俊夫氏)、「木質バイオマスを活用した海外の地域熱供給事情と国内導入の課題」(東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科 教授 三浦秀一氏)、「木質バイオマス発電を取り巻く状況と今後の展望について」(岩手大学名誉教授 沢辺攻氏)。
 定員は100名(先着順)。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。