大分県 新エネルギービジョン

大分県では「大分県新エネルギービジョン」を策定し、地熱や小水力などエコなエネルギーの導入を進めてきたが、27年度末で区切りを迎えることから、28年4月からの新しいエネルギービジョンを策定している。これに伴い、1月8日に「新エネルギービジョン」の素案を公表し県民から意見を募集中だ。2月8日まで受け付け、提出された意見を考慮し、策定手続きを進める予定。
同ビジョンは2016年度から2024年度までの9年計画。「エコエネルギーの導入推進」や「省エネルギーの推進」に引き続き取り組むだけでなく、ICT技術や制御技術を駆使し、エコエネルギーを活用した産業新興や地域振興に資する取組を推進していく。
エコエネルギーの導入促進だけでなく、省エネのほか、これまで導入されたエコエネルギーを用い、効率的・効果的なエネルギー利用を図っていくため、導入および消費(省エネ)の両面の取り組みを踏まえた指標として「エコエネルギー活用率」を使用。基準年度とする平成26年度のエコエネルギー活用率は33%であり、目標年度にあたる平成36年度には51%を目標としている。
現状、エコエネルギーの導入量は太陽光発電、水力発電、地熱発電、バイオマス熱利用の順に多い。新たに策定した9年計画では、引き続き太陽光発電の導入量を拡大するのに加え、温泉熱発電やバイオマス発電を大きく伸ばす。温泉熱発電は約6倍に、バイオマス発電も約5倍の規模に拡大させる目標だ。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。