クイーンズ伊勢丹 「ボトルtoトレー」リサイクルを開始 帰り便で回収

株式会社三越伊勢丹ホールディングスのグループ会社であり、首都圏を中心に17店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹/クイーンズ伊勢丹グランデ/クイーンズアイ)を運営する、株式会社エムアイフードスタイル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:遠藤 久)は、12月下旬より回収BOXを設置する8店舗にて使用済みペットボトルの回収・リサイクルを順次開始した。

今回開始した「ボトルtoトレー」リサイクルは環境保護への取り組みを強化する一環として、洗浄して持ち込まれた使用済みペットボトルを店頭にて回収し、専用業者にて選別・洗浄・破砕を経てエコトレーとして再利用していくもの。またクイーンズ伊勢丹の物流ルートを活用し配送後の空トラックに積載・運搬することで、物流にかかわるCO2削減にも寄与する。

エムアイフードスタイルでは、これまでも様々な環境への取り組みを行っており、食品トレー、牛乳パック、保冷剤等の資源の回収・再利用をはじめ、レジ袋の削減につながるオリジナルエコバックの販売や、レジ袋の使用を辞退された顧客には店舗にて利用可能なポイントを付与している。また一部の店舗・工場では、食品廃棄物から、堆肥や家畜のエサにつながる飼料を生産することで食品残さの再利用に活かしている。

※写真はイメージ

ペットボトル回収を通じてプラスチックごみ削減への取り組みを強化 クイーンズ伊勢丹8店舗にて「ボトルtoトレー」リサイクルを開始
 


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。