RFIDタグ活用で食品ロス削減へ、実証実験を実施

 イトーヨーカ堂は、RFID(無線自動認識タグ)やセンサー機器などのIoT技術を活用することで、食品の鮮度を見える化すると共に、産地から消費者の家庭内までの食品サプライチェーン全体を通してトレーサビリティーを管理する実証実験に参加すると発表した。

 本実証実験は、伊藤忠インタラクティブ、凸版印刷、日本総合研究所、三井化学と共同で東京都内で行い、全国約20箇所の産地や食品購入頻度が高い20〜40代の消費者約10人も参加する。実施期間は1月20日〜2月9日までだ。具体的には、青果・精肉・鮮魚・日配品など約60品目、約3000点にRFIDタグを付け、それぞれ産地の出荷から消費までをトレース(追跡管理)することができるかを検証する。消費者は「eatmate」というスマートフォンアプリを使って商品を注文するが、対象商品は生産日や入荷日の他、「採れたて度」として鮮度情報も数値化されている上、この「採れたて度」に応じて価格が変動する(ダイナミックプライシング)。
 
 採れたて度が下がり値下がりした商品のプッシュ通知や、その商品の最適レシピの提案などを通して、鮮度の落ちた商品の購入が増えれば食品ロスの削減に繋がる。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。