メタン発酵技術アドバイザー養成研修

 日本有機資源協会は、10月5日~7日、馬事畜産会館(東京都中央区)で「メタン発酵技術アドバイザー養成研修」を開催する。

 「メタン発酵技術アドバイザー養成研修」は、同協会がバイオマスの有効利用促進と持続可能な循環型社会の構築を目的に人材養成事業の一環として一昨年度から開始。今回で5回目となる。

 研修では、メタン発酵技術アドバイザーとして必要とする知識及び技術の習得を目的とし、講義、実習、全体討議等を行う。研修修了者には、同協会が修了書と認定書を交付、協会ホームページを通じ、一般公開する。修了書を受けた研修者は、メタン発酵技術アドバイザーとしての資質を保持し向上するため、研修修了の翌年度を起年とし、3年ごとを目途に同協会が実施する「メタン発酵技術アドバイザーフォローアップ研修」に参加することを義務づけられる。

ss 2015-09-04 9.55.16


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。