デンソー バイオ燃料の大規模実証設備を建設

 デンソー(愛知県刈谷市、有馬浩二社長)は、バイオ燃料の実用化に向け、熊本県天草市の20,000㎡の敷地に国内最大級となる微細藻類(シュードコリシスチス)の大規模培養実証施設を建設する。

 同社では、2008年4月より、シュードコリシスチスというオイルを産生することができる藻を使ったバイオ燃料を生産する研究に取り組んでいる。これまで、善明製作所(愛知県西尾市)内の敷地(300㎡)で培養実験を行ってきたが、バイオ燃料の生産効率を高めるために大規模培養技術の確立が必要だと考え、天草市の廃校の土地・施設を活用し、新たな培養施設を建設、実証実験を行う。

新施設は、2016年4月より稼働を開始し、2018年度を目途に藻から抽出したバイオ燃料の実用化に向けた要素技術の確立を目指す。

大規模実証設備のイメージ
ss 2015-09-08 6.43.00


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。