京浜バイオマス発電所 竣工式

昭和シェル石油(東京都港区、亀岡剛社長・グループCEO)は、12月9日(水)に国内最大級となるバイオマス専焼発電所「京浜バイオマス発電所」の竣工式を行った。
この「京浜バイオマス発電所」は2011年に閉鎖した昭和シェル石油グループ製油所の東亜石油京浜製油所扇町工場跡地に建設され、港湾設備など燃料受け入れインフラが整っていることや、後背地が大消費地首都圏であるという立地面での優位性、そして24時間発電が可能で安定的に電力を供給することができることが特徴だ。
設備の発電出力は49,000kW、年間発電量は約30万MWh/年で、一般家庭約83,000世帯相当にあたる。11月2日から運転を開始しており、燃料には木質ペレットとパーム椰子殻を使用している。運営者は昭和シェル石油100%出資の京浜バイオマスパワー。

ss 2015-12-17 19.54.39

ss 2015-12-17 19.54.46


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。