廃棄物発電 調査レポートを販売

グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「熱および生物学的廃棄物発電 (WTE:Waste-to-Energy) の世界市場」 (BCC Research発行) の販売を1月8日より開始した。
 世界の廃棄物発電(WTE:Waste-to-Energy)市場は、2013年に253億米ドル、2014年には267億米ドルの規模だった。同市場は2014年から2019年にかけCAGR(複合年間成長率)5.8%で拡大し、2019年には355億米ドルに達することが予測されている。
 同レポートでは、世界の廃棄物発電 (WTE:Waste-to-Energy) 市場について調査分析し、技術の概要および市場動態に関する分析をまとめ、世界の主要な地域・国における現行慣例と規制環境を概括し、市場の産業構造を分析するとともに、主要な企業のプロファイルおよび特許分析をまとめている。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。