ローソン バイオマス発電を導入した環境配慮モデル店舗をオープン

ローソン(本社:東京都品川区、玉塚 元一社長)は、2016年2月5日、コンビニエンスストアで初めて、バイオマス発電システムを導入した最新環境配慮モデル店舗を兵庫県姫路市にオープンする。この店舗では、外部調達する電力量を、過去最大となる約7割(67.9%)削減(2010年度対比)する見込みだ。
ローソンは2008年より、全国の店舗への導入拡大を目的に、最新の創エネ設備と省エネ施策を導入し実験・検討を行う、環境に配慮したモデル店舗をオープンしている。8店舗目となる今回の店舗には、コンビニエンスストア初となる「バイオマス発電システム」を導入。ローソン店舗で揚げ物調理後に排出される植物性廃油等の一部をリサイクルしたバイオディーゼル燃料を店舗設置の発電機の燃料として再使用する。このバイオマス発電により既存店舗の消費電力の約20%(2010年度対比)に当たる年間36,000kWh相当の電力を発電する予定。
同店舗では他にも「太陽光発電システム」「CO2冷媒冷凍冷蔵機」「LED照明」など 、12の創エネ設備・省エネ施策を導入しており、従来の店舗に比べ大幅な消費電力削減が可能。ローソンでは今後、同店舗での実験データを既存店舗の新設備導入や新規設備の開発に活かしていく方針だ。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。