Jファーム 札幌市に新たなスマートアグリプラント

 JFEエンジニアリング(本社:東京都千代田区、狩野久宣社長)の関連会社であるJファーム(本社:北海道札幌市、堀内 博社長)は、札幌市内に新たなスマートアグリプラントを建設し、生産事業を拡大する。
 Jファームは、2013年11月、アド・ワン・ファーム(本社:北海道札幌市、宮本有也社長)とJFEエンジニアリングの共同出資により設立した。苫小牧市に多様な熱源を活用した最先端のスマートアグリプラント(1.5ha)を建設し、2014年8月から、数々のエネルギー利用技術や栽培技術の実証を進めながら、トマトやベビーリーフの生産・出荷を行っている。2015年12月には、出荷量の安定を図るため、同プラントを1.0ha拡張した。
 出荷した農産物は道内のデパートやスーパーマーケット、シンガポールなどで販売しているが、拡大する顧客ニーズに応えるため、札幌市の丘珠地区に1.6haの新プラントを建設し、高糖度ミニトマトの生産を拡大する。
 エネルギー源には、排ガス浄化機能を備えたバイオマスボイラ設備し、木質チップを燃焼することで温室に熱とCO2を供給する。同技術は、JFEエンジニアリングがJファーム苫小牧プラントで実証を進めてきた独自技術だ。また温室には、エネルギーコストを抑制しながら積雪に対応する独自の融雪システムも設置する。
 Jファームは今後、札幌と苫小牧の2拠点生産体制を構築することで、北海道内だけでなく、インターネット販売や首都圏の大規模小売店舗などにも販路を拡げていく方針。

画像:札幌プラント完成予想図(JFEエンジニアリング株式会社HPより


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。