廃棄物処理ITの海外展開支援のため豊田通商が15%の出資

豊田通商は自動車工場などから排出される廃棄物を回収して加工処理するリサイクル事業を世界展開してきた。2020年度の中長期経営計画では「循環型静脈事業」による資源の回収や再利用を促進することによる持続可能な開発目標の達成を目指している。その一歩として豊田通商ではITシステムによる産業廃棄物処理の支援を展開しているJEMS(ジェムス)に15%出資を実施した。
ジェムスでは産業廃棄物処理の厳しいルールに対応できるITシステムを運用し、受注や収集車手配の支援をしているのが特徴だ。ジェムスの海外展開をサポートすることによって豊田通商が実施してきたリサイクル事業を強化することを目指している。

【引用元】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63914580W0A910C2L91000

※本記事に掲載している写真と本文は関係がありません


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。