旭化成、日本IBMと協業し資源循環プロジェクト「BLUE Plastics」を開始

 旭化成は、資源循環社会の実現に向けたデジタルプラットフォーム構築を目指し、日本IBMの技術支援を受けた「BLUE Plastics (Blockchain Loop to Unlock the value of the circular Economy)」プロジェクトを発足し、2022年3月末までにプロトタイプを用いた実証実験を開始すると発表した。再生プラ製品におけるリサイクル素材の使用率の表示やリサイクルチェーンに関与する企業の可視化から、消費者の行動変容の促進を目指し、企業や一般消費者の使用を想定したプロトタイプを開発する予定だ。

 旭化成は、バリューチェーンの様々なステージにおいてデジタルを活用することで新しい価値の提供を目指す中で、再生プラスチくのリサイクルチェーンを可視化することで安心して再生プラスチックを利用できる環境を整えることが必要だと捉えている。さらに、資源循環と利便性の両立という社会課題に対して、個々の企業だけではなくリサイクルチェーンに関わる様々な企業から消費者まで、幅広く使える横断的なデジタルプラットフォームの開発を目指してきた。本プロジェクトでは、IBM Cloud上で稼働する日本IBMのブロックチェーン技術を活用することでデジタルプラットフォームの構築を目指し、資源循環社会の実現を加速させる。

■「BLUE Plastics」プロジェクト概要
 本プロジェクトは、日本IBM Cloud上で稼働するブロックチェーン技術を活用し、トレーサビリティ(追跡可能性)を担保する。日本IBMのブロックチェーン技術を土台に、回収・ペレット化・成型及び最終製品化の各工程を専門とする富山環境整備、メビウスパッケージング、ライオン、とリサイクルチェーンメンバーが全て揃って開発に協力し、資源循環社会を加速させる。本プロジェクトでは既にプロトタイプが完成していて、プラスチック製品のQRコードを読み取ることで消費者はリサイクル率やリサイクルチェーンに関与したプレーヤーを確認できる。
 実証実験は、一般家庭から排出される容器・包装プラスチックを再生した原料(ポリエチレンを想定)を使用したトイレタリーボトルを題材とした取り組みから開始する予定だ。2022年3月までに再生プラスチックを試験的に流通させ、ブロックチェーン上で管理する実証実験を実施する。将来的には、プラットフォームで運用する樹脂の種類や用途を拡大し、同業他社問わず誰もが活用できるオープンなデジタルプラットフォームとして公開することを見据えている。

■各社役割
 ・旭化成:プロジェクト推進
 ・日本IBM:デジタルプラットフォーム開発支援
 ・ライオン株式会社:ブランドオーナーの立場から開発協力
 ・メビウスパッケージング株式会社:成型・加工メーカーの立場から開発協力
 ・株式会社富山環境整備:リサイクルメーカーの立場から開発協力

「BLUE Plastics」プロジェクトにおけるプラスチック資源循環のイメージ(プレスリリースより引用)


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。