英国、医療廃棄物の焼却追いつかず

CNNによると、英国の国民医療サービス機関NHSから廃棄物処理を委託されている業者が、焼却処分が追い付かなくなり、数百トンの医療廃棄物数がたまり続ける状況に陥っている。廃棄物の中には切断された人体の断片も含まれているという。

英政府はCNNの取材に対し、この業者による医療廃棄物の処理や廃棄が追い付かない状況を認識し、対応に当たっていることを明らかにしている。今年7月に環境庁から報告を受け、業者の監視を続けているという。

業者によると、このような状況になった原因は、焼却施設の老朽化が大きいという。「この1年の間に、業界全体で焼却能力の減退傾向が鮮明になった」と同社は述べ、問題の解決に努めると話している。

※写真はイメージ

人体の断片など医療廃棄物数百トン、焼却処分追いつかず 英国


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。