フィリピン、国内初の医療廃棄物処理施設が完成

 2017年に創立100周年を迎えたミンダナオ最大の公営病院、南フィリピン医療センター(Southern Philippines Medical Center、以下SPMC)は、一日に数トンもの医療廃棄物が発生している。同病院は最近、これら全ての廃棄物を処理できる技術を習得したことを発表し、10月29日には、フィリピン国内初となる、医療廃棄物管理処理施設の落成式を行った。

 本技術はフランス企業Bertin Technologiesが開発したものであり、同社の『Sterilwave 440』は廃棄物を細かく砕き、熱して粉末状態にする。その後、シリンジや使用済みテストストリップ、繊維廃棄物といった感染性廃棄物を滅菌してくれる。これにより、発生した感染性廃棄物は通常のゴミへと変換され、環境汚染をせずに廃棄物を適切に処理できる。

 感染性廃棄物の取り扱いは作業員にとっても危険なものであるが、本技術が導入されたことにより、ゴミは無害なものへと変わり、扱う側も安全だ。そして何よりも、これらを廃棄するための大きなスペースも不要になる。

※写真はイメージ

SPMC、廃棄物処理施設を開設


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。