日立、中国でごみ焼却プラント 世界最大規模

日立造船は、中国・湖南省長沙市にゴミ焼却発電プラントを完成した。2015年にゴミ処理などを手がける湖南軍信環保集団から建設工事などを受注していた。長沙市向けのプラントはストーカー式焼却炉6基を備え、1日当たりのゴミ処理能力は計5100トンで世界最大規模という。

湖南軍信環保からは長沙市向けで2期プラント(完成イメージ)も受注した。21年末に完成する予定。ストーカー式焼却炉4基で、1日のゴミ処理能力は計3400トンとなる。受注額は1期、2期とも非公表。

日立造船は2期プラントでも焼却炉設備の設計や建設工事、試運転時の技術指導などに携わる。中国でのプラント受注は20件目。

※写真はイメージ

【引用サイト】日立造、ゴミ焼却プラント 中国で追加受注


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。