中国のごみ分別規制強化でITテクノロジーが続々

7月1日、世界で最も人口密度の高い都市である上海市はゴミ分別を義務化するプログラムを開始した。新しい規則(中国語)では、家庭や企業はゴミを4種に分類し、決められた時間に決められた場所に捨てなければならない。遵守しなければ罰金が科せられる。そして、遵守しなかった企業やビルは信用レートが下げられる可能性がある。

この厳しいルール体制を中国のテックスタートアップが手助けする。

WeChatやBaidu、Alipayは、どんなゴミが「ウェット(堆肥にできるもの)」「ドライ」「有毒」「リサイクルできるもの」になるのか特定できるよう、新たな検索機能の提供を始めた。

Alipayのごみ分別アプリは、わずか3日間でユーザー100万人を獲得した。ダウンロードしなくても10億人のユーザーを抱えるアプリの中で使えるこのライトバージョンのアプリは、これまでのところ4000タイプ以上のゴミの分類を案内する。データベースはまだ大きくなりつつあり、ゴミの写真を撮れば、分別を調べるのにタイプするのではなく画像認識を利用できるようになるだろう。

あるテック企業はビル管理者を手助けするためのソフトウェアも作っている。国営通信社・新華社の報道によると、上海の一部の住宅ビルはゴミの出元を追跡するためのQRコードの使用を開始した。各家庭はゴミ袋に識別QRコードの貼り付けが求められ、ゴミステーションに出されると分類のためにQRコードがスキャンされる。

XHG Recyclingは、インセンティブシステムのあるごみ箱を開発した。ユーザーはごみ箱を導入し、アプリを通じて回収サービスを受けられるだけでなく、分別した資源ごみの重量に応じてキャッシュバックを得られる。このごみ箱もQRコードと連携しており、ユーザーはゴミを投棄する際、ゴミ箱に添付されたQRコードをスキャンしなければ、ゴミ箱の解錠が行えないという仕組みになっている。

スマートリサイクル関連スタートアップの中には、投棄された生ゴミを解析することで近隣住民のニーズを解析することを試みる企業も存在するようだ。例えば、生ゴミのデータを解析することで、どのような食事が近隣住民に人気があるのか、1日のうちどの時間帯に飲食が集中するのかを解析し、近隣レストランやショッピングセンターに情報提供するというのである。

※写真はイメージ

【引用サイト】
中国のゴミ分別はテックをフル活用、画像認識やQRコード、ミニアプリで
Stumped by the new recycling rules in Shanghai? There’s hundreds of apps for that
上海のゴミ分別回収にもデジタライゼーションの波?スマートリサイクルにスタートアップが熱い視線!


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。