インターコンチネンタルホテル 食品廃棄をスマート計量で削減

世界有数のホテルグループである、インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)が、AI(人工知能)を活用してホテル内の食品廃棄物を自動追跡・量を測定し、廃棄を30%削減する計画を発表した。

この取り組みは、2019年のサーキュラーエコノミーアワードの受賞歴もあるイギリスのコンピューター会社、Winnowと共同で行われる。同社が提供するVision AI技術をつかうグローバルホテルは、世界でもインターコンチネンタルホテルズグループが初だ。

食品廃棄物を減らすためのVision AI技術は、インテリジェントカメラとスマートスケール、およびAIベースのスマートメーターを使用する。そしてレストランやバーで調理中の食材や、調理場に返却された皿を分析し、一番ムダになっている食品とその量を推定する。これらのデータを蓄積することで、食材の購入やメニュー決め、調理法の改善をするのだ。

当技術はすでに、ヨーロッパ、中東、アジア、アフリカ地域の7つのインターコンチネンタルホテルで導入されている。このなかでも最も実績を上げているのが、アラブ首長国連邦のインターコンチネンタル・フジャイラ・リゾート。わずか6か月で、食品廃棄物を50%以上削減することに成功した。

※写真はイメージ

【引用サイト】インターコンチネンタルホテル、AI活用で食品廃棄物30%削減へ


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。