環境省「プラスチック資源戦略」及び「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」を策定 ※資料添付あり

環境省は5月31日、6月開催のG20に先駆け、「プラスチック資源戦略」及び「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」を策定した。
以下、環境省HPからの抜粋と概要資料である。

・「プラスチック資源循環戦略」の策定について
 第四次循環型社会形成推進基本計画を踏まえ、資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化、アジア各国による廃棄物の輸入規制等の幅広い課題に対応するため、3R+Renewable(再生可能資源への代替)を基本原則としたプラスチックの資源循環を総合的に推進するための戦略「プラスチック資源循環戦略」を、本日政府として策定しましたので公表します。
 来るG20では、本戦略も踏まえ、我が国の対策を各国に発信し、新興国を巻き込んだグローバルで実効性のある取組の推進に向けて、議論をリードしてまいります。

プラスチック資源循環戦略の概要
プラスチック資源循環戦略

・「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」の策定について
海洋プラスチックごみ問題については、地球規模での環境汚染が国際的にも懸念されています。本年6月のG20に向けて、議長国として我が国の率先的な姿勢を示し、G20における議論をリードするため、我が国としての具体的な取組について、本日開催された海洋プラスチックごみ対策の推進に関する関係閣僚会議において、「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」として策定しました。

海洋プラスチックごみ対策アクションプラン(概要)
海洋プラスチックごみ対策アクションプラン


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。