ワコール、不用な下着を燃料に 12月から店頭回収スタート

 11月9日、ワコールは不用なブラジャーを回収して産業固形燃料(RPF)にリサイクルする企画「ワコール ブラ・リサイクル」の2018年実施詳細を発表した。

 実施店舗で専用の「ブラ・リサイクルバッグ」を受け取り、不用なブラジャーをバッグに入れて回収実施店舗に持参し、スタッフに預ける。スタッフに預けた後は、ワコール流通センターを経て工場に運ばれ、RPFなどに加工。RPFは製紙会社等に販売され、燃料として活用される。これが本プロジェクトの流れ。

 回収期間は、12月1日から2019年3月31日までだが、「ブラ・リサイクルバッグ」の配布は既に始まっている。実施店舗は、国内百貨店や直営店、下着専門店等合わせて約800店舗。

※写真は参照サイトより引用

不用なブラジャーを燃料に「ワコール ブラ・リサイクル」 回収は12月1日から

 


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。