セブン&アイ、低炭素型ケミカルリサイクル技術の活用に向け資本参加

 セブン&アイ・ホールディングスは、共同出資会社「株式会社アールプラスジャパン」に資本参加し、使用済みプラスチックの再資源化事業に取り組むことを発表した。この資本参加を通じて、ペットボトル以外の廃プラスチックにおいてケミカルリサイクルの技術開発と仕組み構築を進めることで循環型社会を目指す。

 株式会社アールプラスジャパンは、アメリカのバイオかがくベンチャー企業のAnellotech社と共に環境負荷の少ないプラスチックの再資源化技術開発を進める。回収したプラスチックの選別処理、モノマー製造、ポリマー製造、包装容器製造、商社、飲料・食品メーカーなど業界を超えた連携をすることで2027年の実用化を目指している。

 今回の技術は、ケミカルリサイクル技術の中でも、油化工程を経由しないで直接原料(ベンゼン・トルエン・キシレン・エチレン・プロピレン)に戻す技術だ。従来のケミカルリサイクル技術よりもエネルギー量やCO2排出量の削減に繋がることを期待している。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。