九州大学 サトウキビと燃料電池で発電

 九州大学の水素エネルギー国際研究センターは、ベトナムの研究機関や日本企業などと共同で、ベトナム・メコンデルタのエビ養殖場内に、サトウキビなどの地域の有機性廃棄物を資源として利用するエネルギー循環システムの実証サイトを建設したと発表した。

 九州大学と明和工業(金沢市)は、ベトナムなどで手に入りやすいサトウキビやココナッツの搾りかすといった、有機性廃棄物のバイオガス化に着目。バイオガス化するために必要な有機性廃棄物を分解する菌の供給源としては、エビなどの養殖池にある汚泥に焦点を当てた。実際に有機性廃棄物と養殖池の汚泥を投入することで、加温・保温を必要とせずに、発電用燃料として利用できるメタンと二酸化炭素の混合を生成するシステムの構築・運転に成功した。

 このバイオガスは、実証サイト内に設置されている九州大学とマグネクス(東京都立川市)が共同開発した1kW級のSOFC(固体酸化物形燃料電池)に供給され、2018年1月から発電実証を行った。その結果、発電効率53%を記録した。九州大学は「この発電効率はエンジン発電機の倍に達するもので、燃料電池の用途拡大と地球規模の普及が期待される」としている。

 実証サイトで発電した電力は、中山鉄工所(佐賀県武雄市)が構築した電力供給システムを通じて、ダイセン・メンブレン・システムズ(姫路市)が導入する高効率曝気(ばっき)装置(超微細気泡散気装置)に供給される。曝気装置とは、養殖池に酸素を供給するために空気を送り込む装置のことであり、この装置に有機廃棄物由来の電力を供給することで、エビ養殖の大幅な省エネ化を目指している。

 なお、このプロジェクトは科学技術振興機構(JST)と国際協力機構(JICA)が共同で実施する「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)」の支援のもとで実施された。

※写真は「ベトナムに建設した実証プラント(出展:九州大学)」

【参照サイト】http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1802/26/news046.html


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。