重慶市 ゴミ分別管理プラットフォームの運用を開始

中国・重慶市(Chongqing)で1、重慶市が開発・製作したゴミ分別のためのスマート管理プラットフォームの運用が、市内の一部地区で始まった。

市民はまず、コミュニティ区内に設置されたサービス施設で、住居番号が登録されたQRコード付きのラベルシールを受け取る。自宅の家庭ごみが入ったゴミ袋にラベルを貼り、そのゴミ袋を分類指定されたゴミ箱に出すことでポイントがたまるシステム。ポイントによって日用品と交換できる仕組みになっている。

このプラットフォームは、IoT(モノのインターネット)システムなどを応用したもので、QRコード、GPS機能などの技術から世帯ごとに実名登録し、ゴミの分別徹底の状況や回収管理データを収集・転送することで、投棄されたゴミのトレーサビリティー(履歴管理)や分別状況を管理できるようになっている。

これによって、ゴミの分別をしっかり行っている市民には褒賞品を提供し、そうでない市民に対しては注意喚起や指導を行うなど、市民にゴミの分別活動をより促進させるものとして期待されている。

※写真はイメージ

重慶市でゴミ分別の管理プラットフォーム運用開始


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。