札幌市  ペレットボイラーなどの新規導入に補助金

 北海道札幌市では、地球温暖化対策推進のためのエネルギー消費の大幅な削減を目指し、新エネ、省エネ機器導入を考える中小企業等へ向け、費用の一部を補助する制度を設けた。

 補助金の対象となる機器は、太陽光発電、太陽熱利用システム、ペレットストーブ、ペレットボイラー、地熱ヒートポンプなど。ペレットストーブ、ペレットボイラーについては、木質ペレットのみを使用していることが条件となる。

 補助対象者は、1つ以上の対象機器をこれから新たに設置しようとする中小企業者、中小企業団体、社会福祉法人、学校法人、医療法人、区分所有住宅の管理組合で、対象機器設置費用(税抜)の10%、1つの申請について上限150万円が補助金額となる。

 ペレットボイラーについては、木質ペレットボイラー本体、付属装置、煙道及び煙突、動力設備、配管・配線器具の購入、据付・工事に関する費用が補助対象となる。補助額は補助対象費用の5分の1で上限は200万円。

 申込は抽選方式。ペレットボイラーの募集については、平成28年8月10日~12月16日まで。

ss 2015-09-15 12.19.45


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。