アメリカ合衆国における拡張生産者責任(EPR)包装法の概要と将来展望
拡張生産者責任(EPR)法は、生産者に製品のライフサイクル全体にわたる責任を負わせる法律です。EPR法は世界中で見られ、特にヨーロッパとカナダで広く普及していますが、アメリカ合衆国では州単位でますます一般的になっています。 多くのアメリカ合衆国の州ではすでに電子廃棄物や電池の生産者に対する要件が存在していますが、最近のEPR法は包装材料、紙製品、プラスチック製品、食品サービス用品に焦点を当てていま

この記事は会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は、新規会員登録で続きがお読みいただけます。会員登録のご案内はこちら

   

新規会員登録はこちら

【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。